トップページ > ギャップ調整時の取扱いについて

ギャップ調整時の取扱いについてCautions

ご使用の際には、必ず以下の事項をお守りください。

コーン・プレート型粘度計のギャップ調整時の取扱いについてE type viscometer

1. ギャップ調整により粘度値を無理やり合わせる使い方は避け てください。
  誤ってコーン・ロータをカップにぶつけると、機器が破壊す る場合があります。

2. ブレーキシューは軽く絞める程度にしてください。

3. "TOUCH"ランプの点滅位置より右方向に回しますと機器が破壊 する場合がありますので十分ご注意ください。


ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C) TOKI SANGYO CO.,LTD All Rights Reserved.