1. HOME
  2. 製品情報
  3. 粘度計
  4. B形粘度計(スピンドル)
  5. TV-100B/200B形粘度計

粘度計

viscometer

B形粘度計(スピンドル)

TV-100B/200B形粘度計

ロータがスピンドルタイプのB型粘度計です。

マルチレンジ機能により測定範囲が非常に広いのが特徴。
1台で従来の粘度計3台分の測定範囲を誇り、コストパフォーマンスに優れています。

様々な粘度のサンプルを1台で測定したい場合にオススメです。

※TV-200B型シリーズは粘度データ取込ソフトウェア(Visco-Chart)が標準付属されています。

カタログはこちら

タッチパネル

4.3インチ液晶カラータッチパネルを搭載し、見やすい画面で操作性が向上しました。

粘度計タッチパネル

マルチレンジ

測定するサンプルの粘度値に応じて

低粘度:Lタイプ
高粘度:Hタイプ

の2機種に分かれています。

低粘度(Lタイプ)
「M」「2.5M」「5M」

高粘度(Hタイプ)
「H」「R」「U」

の3つのレンジをカバーしており、
従来の粘度計の3台分の測定範囲を有しています。

これにより、粘度値の異なる複数のサンプルの測定が可能となります。
また、広範囲な回転速度(ずり速度)で測定が行えるので、サンプル評価の幅が広がります。

動作原理

粘性トルク検出部は駆動軸と従動軸に分かれており、フレックスヒンジ(板ばね)で接続されています。
測定中に生じた駆動軸と従動軸の偏位分がゼロになるようにトルカにフィードバック電流が流れ、従動軸を押し戻します。
この測定方法は、偏位を常にゼロに戻す(平衡をとる)測定方法で「零位法」と呼ばれます。

従来の粘度計で使用されている宝石軸を使わない「ピボットレス機構」のため、広い測定範囲でも直線性および再現性に優れた特性を持っています。
粘度計TVシリーズ動作原理

温度センサ

TV-100B/200Bでは温度表示機能があります。
オプションの温度センサ「PE-100」を使用することにより、測定容器内のサンプル温度を測定することが可能です。

温度センサ使用例(B型粘度計)

粘度計の温度表示画面

プログラム機能(TV-200Bのみ)

40ステップまでのプログラムを10パターン設定することができます。
各ステップには「回転速度」「測定レンジ」「測定時間」を設定します。

測定動作がプログラムによりいつも決まった動作となるので、再現性の良い安定した測定が可能になります。

非ニュートン性サンプルでは回転速度(ずり速度)の変化タイミングや測定時間の違いによって様々な挙動を示します。
その為、そのようなサンプルを測定する場合はプログラム機能を使用することにより、誰が測定してもいつも一定の動作で測定することができるので、安定した測定が可能となります。

特に、流動解析TI値(チクソトロピーインデックス)を求めたい場合には必須の機能です。

粘度計のプログラムモード動作説明

Visco-Chart(TV-200Bのみ標準付属)

粘度データをパソコンに取込むソフトウェアです。

リアルタイムでグラフ化

リアルタイムグラフ化することにより、サンプルの特性が可視化され評価し易くなります。
また、簡易解析機能では「ヒステリシスループ面積」「非ニュートン粘性指数」が算出できます。粘度計のグラフ表示

データベース機能

測定したファイルはデータベースに登録しておくことで、データの管理が簡単になります。

下記の項目に入力しておくと、
いつ、どこで、誰が
測定したデータなのかが明確に分かりやすくなります。

・測定者
・任意1
・任意2
・コメント

粘度計のデータベース

Visco-chartの詳細はコチラ